ホーム > 一畑薬師の日々 > 心の目をひらく 幸せの大香炉

心の目をひらく 幸せの大香炉

更新日:2015.02.06

20141225_daikoro_02
20141225_daikoro

平成26年12月31日 建立いたしました

 皆様には「幸せの大香炉」建立に対し心温まるご寄附をいただき誠にありがとうございました。この大香炉は、薬師本堂の向かいの八堂(新しい八万四千仏堂)正面に建立されています。平成26年は飯塚幸謙先代管長の13回忌にあたり、先に建立いたしました幸謙和尚地蔵菩薩石像に次いでのゆかりの石造物です。
 この大香炉には、前管長の遺墨「心」と薬師真言「おんころころせんだりまとうぎそわか」、そして大きな「目」の彫刻が施されています。さらに「心の目をひらく」という仏教の深遠なる教えを伝える「法句経」の言葉を陶板にしてはめ込んだ「幸せの大香炉」となっています。ご参拝の折には、是非ともこの香炉にお線香を献じていただきますようお願い申し上げます。

20141225_daikoro_04
20141225_daikoro_05

 

1 / 11