ホーム > 奉納 > 幟(のぼり)ご奉納

幟(のぼり)ご奉納

nobori-hono一畑薬師「祈願幟(のぼり)」ご奉納

 幟1枚 5,000円(1年間)

 一畑薬師の境内に1年間建立いたします。為書きのおねがいごとが成就いたしますよう、奉納前にお薬師さまのご真前にてご祈念させていただきます。

 ● 奉納パンフレットお申し込み

 ● 奉納パンフレット・ダウンロード(PDF)

【幟の種類について】
 (右) 仏旗(ぶっき)
 (中) 薬師如来(青/赤)
 (左) 観音菩薩 (青/赤)

 

【仏旗とは】
 仏の教えを象徴する旗です。仏陀がそのすぐれた力をはたらかせる時、仏陀の体から青、黄、赤、白、樺(かば)及び輝きの六色の光を放つと『小部経典』というお経の中の「無礙解道」 の項に説かれていることからこれらの色が使われています。このため仏旗は「六色仏旗」とも呼ばれています。また、次のようにも理解されています。

bukki01
nobori01

青は仏さまの髪の毛の色で、心乱さす力強く生き抜く力「定根(じょうこん)」を表します。

黄は燦然と輝く仏さまの身体で、豊かな姿で確固とした揺るぎない性質「金剛(こんごう)」を表します。
赤は仏さまの情熱ほとばしる血液の色で、大いなる慈悲の心で人々を救済することが止まることのない働き「精進(しょうじん)」を表します。
○白は仏さまの説法される歯の色を表し、清純なお心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを清める「清浄(しょうじょう)」を表します。
樺(かば)は仏さまの聖なる身体を包む袈裟の色で、あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らぬ「忍辱(にんにく)」をあらわします。インド、タイ、ビルマ等のお坊さんがこの色の袈裟を身につけています。
(全日本仏教会HPより)