ホーム > 年中行事 > 眼鏡(めがね)供養祭

眼鏡(めがね)供養祭

更新日:2016.12.31

20111108_megane-kuyo_03

20091108_megane02

 

毎年 11月8日 11:00~

一畑薬師では、皆様の不要になっためがねを、感謝の念を込めてお薬師様の真前にて供養をいたします。お供えされためがねは、大切に保管し、将来インドの恵まれない人々のために役立てられる予定です。洗浄し度数を調べて寄贈しています。

眼鏡(めがね)の供養について

供養料…500円(1個)

  • めがねをご供養される方は、不要になっためがねをご持参ください。
  • 壊れていない使用が可能な眼鏡は、ご供養の後、恵まれない地域へ寄贈させていただきます。
  • 破損した眼鏡は、ご供養の後、当山で廃棄処分いたします。

眼鏡寄贈事業について

お供えされためがねは、一畑薬師で大切に保管し、将来インドの恵まれない人々のために役立てられる予定です。一畑薬師とご縁のある眼鏡店様のご厚意により、すべての眼鏡はきれいに洗浄され、度数を調べて表示され、ビニール袋かケースに入れた状態になり、寄贈されます。

2011_H23_0130_megane_眼鏡_14

 

 

 

 

眼鏡寄贈事業(平成23年/2011)
インド仏跡巡拝にて寄贈(約1,400個)ブダガヤの日本寺にて、ガヤ・ロータリークラブへ寄贈し、後日ボランティア眼科検診の折りに必要な人々に贈呈していただく。

2001_H13_0130_megane_眼鏡_03 眼鏡寄贈事業(平成13年/2001)
インド仏跡巡拝にて寄贈
1994_megane眼鏡_01 眼鏡寄贈事業(平成6年/1994)
インド仏跡巡拝にて寄贈
20101128_megane_眼鏡

 インドへ出発する前に、眼鏡をチェックして荷物の準備をする参加者。これら眼鏡は、一畑薬師北宝来奉安所(愛媛県今治市)の高木眼科病院様ならびに三愛メガネ・コンタクト様のご厚意によって、洗浄、度数調査、ビニール袋入れなどの分類作業をやっていただいております。本当に有り難うございました。(平成23年)

   

 

 

 

 

1 / 11